スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
影の森の割り箸 =第二膳 {奇怪なる山}=
2006-01-31 Tue 00:06
 奇怪なる大地・・・そこは、「影の森」で自分の影に臆した物だけが行けると言う・・・物だけが・・・人は・・・行けないと言う・・・


 割り箸は、奇怪なる大地に立ち尽くしていた。

「ど・・・・どういうことなんだ!?」

 割り箸の前には、「奇怪なる大地」へと変貌した山が聳え立っていた。
 そして、その山にも「奇怪に光る模様」が刻まれているのである・・・そう、足元に広がるエグゼーションの魔法印と同じものが山にも刻まれていたのだ。
 しかし、山に刻まれた「奇怪に光る模様」にはあからさまに違和感のあるものが混じっていたのだ!!

 それは・・・
kikkainaruyama


 多数のエグゼーションの魔法印群の中に、別の大きな2つの魔法印が刻まれていた・・・

2


 エグゼーションと同じダーク魔法の一つ、アプローチングの魔法印だ。

 「なぜ魔法印が刻まれているんだ!?しかも、エグゼーションとアプローチングだけなんて・・・」

 割り箸は、最初の陽気な気分から、徐々に気味悪さを覚え始めていた。おそらく、スピリチュアリストであれば皆が恐怖を覚えたであろう。
 なぜなら、神聖コラのダークフォースとは、相手の力を奪い取って自らを高める、邪悪さを根源とするフォースであり、その魔法印には、古代神聖コラの怨念を意味する記号が含まれているからである。
 その魔法印の意味をも理解するスピリチュアリスト達にとって、このような大地に立たされることは、コラの歴史における「憎悪」と言うダークサイドを無意識に、思い出させるのである。

「ううぅうぅ・・・」

 割り箸の体から力が抜け、手に持ったスタッフで体を支えなければ立っていられないほどのプレッシャーが押し寄せてくる。
 額から汗が噴出し、分けもわからず、涙が溢れ出てくる。

「これが・・・自分の影に臆した物だけが行くという影の森の本来の姿なの・・・か・・・・・・・・・・・・・・・!?」

 割り箸の意識が朦朧としはじめたとき、頭の中に声が響いてくるのを感じた・・・

「オ・・・エ・・・ノン・・・・ジャ・・・・ヨ・・・・・」

「おえのんじゃよ・・・??」

 割り箸は、頭の中に響く声を繰り返してみるが、はっきりと聞き取ることが出来ない。さらに、声が響いてくる・・・

「オマエ・・・・・ラ・・・・コレ・・・・」

「お前らコレ???」

「テメー俺ヲモウ一度ヨビダセッテイッテンダヨ!」

バイモンがいきなり姿を現し、割り箸にゲンコツを叩き込んだ!
強制送還されたはずのバイモンが、自力でアニムス世界から出てきたのである。頭の中に響いていたのは、バイモンの文句の声だったのだ!

「うわ~ん、ばいも~ん・・・・って、ポイズンスティンク!」

 割り箸は、の●た君の様な情けない声を出したかと思った瞬間、バイモンに・・・・・ゲンコツのお返しに毒霧をお見舞いした!

「テメーェ、俺ハ、ド●エモン、デモネェシ、毒霧ッテ・・・・オイ!」

「・・・・・・・・」
「ふwよく出てきたなwバイモンw」
「心配デ、オチオチ帰ッテモイラレナイゼw」

二人は、腕と腕をぶつけ合い、冷静さを取り戻していた。
「ドウスル?割り箸?」
「そりゃー帰らせてもらうっしょw」

 影の森の真の姿を目の前にして「帰る」宣言をするコノ二人には、それだけの「ヒミツ」があるのだ。

 割り箸とは、封印魔術師「割り箸」の正統な後継者で、「封印の割り箸」を作ることでも有名な「封印魔導師」なのだ。そして、その割り箸の使役するバイモンは、数いるパイモンの中でも突出して防御力の高いパイモンが受け継がれていくのだ。

 割り箸はフォースをため始め、バイモンは身の丈ほどもある大剣「Chopsticks」を振り上げる。
「行くぞ」「オウ」

 掛け声とともに、バイモンの「Chopsticks」に割り箸のフォースが流れ込む、大剣が真ん中から2本にセパレイトして光が溢れる。
 バイモンの剣は、割り箸のフォースにより、魔剣「Half-split chopsticks」となるのだ。

「切り裂けぇぇぇ」
「グオオォォォォォォォォ!!!」


 大きな光とともに、「奇怪なる大地」は真っ二つに切り裂かれ、暗黒の大地を巻き込みながら、消え去っていった。

「・・・・・・何だったんだろうな・・・」

 割箸が、不意につぶやく・・・

「オマエガサボリスギダカラ、引キ込マレタンジャネ?」

 バイモンが、痛い返事を返した・・・・

 空は、晴れ渡り、大地は緑に覆われ、心地よい風が流れていた・・・

 ~えんど~
スポンサーサイト
別窓 | 駄文的小説 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<LV38の話ナンバー2 | 割り箸の『RFはアニムスで生涯学習の場ですYO』 | 影の森の割り箸 =第一膳 {奇怪なる大地}=>>
この記事のコメント
結局なぞw
だけど・・・・いい味出してるねぇ、バイモン君w
2006-01-31 Tue 01:09 | URL | なすか #LkZag.iM[ 編集] | top↑
うぉぉぉ!自ら封印術士と認めたかw
なんかおいらのブログと、話をリンクさせれるかもねw
2006-01-31 Tue 02:43 | URL | かっぱくん #SEFye3cg[ 編集] | top↑
魔剣「Half-split Chopsticks」・・・
まじセンス感じました 脱帽です
2006-01-31 Tue 03:02 | URL | 名無しの人 #-[ 編集] | top↑
バイモンとの絡みはいったんおしまいですw
感想ありがとうwww
マタなんか思いついたら書きますのでヨロシクw
>ナスママ
そう!結局謎って所なんですよ!wなんであんなバグが出たのか謎ッチングですwマタバグッたらそれで話つくりやすw
>かっぱ
リンクさせて話もおもろいねw
カッパクンの話の裏での人の動きとかw
>名無しさん
センスだなんて・・・テレマスwwww
今後ともよろしくです^^v
2006-01-31 Tue 23:22 | URL | 割り箸 #JalddpaA[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 割り箸の『RFはアニムスで生涯学習の場ですYO』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。